変化するつながり ビデオ会議システム、在宅で見えてきた仕事仲間の新たな一面

 「今、カレードリア食べてる」「私は納豆そば」「これはね、コーンフレーク」

 在宅勤務が一息ついた午後1時。パソコン上に表示されたビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」の無機質な四角い枠に、次々と笑顔が現れた。子供と一緒に枠におさまる人もいる。「元気?」「コロナ太りした人いる?」。他愛もないやりとりをしながら、それぞれ昼食を取り出した。

 1月末からグループ社員約4千人が在宅勤務体制を続けているGMOインターネット(東京)ではこのところ、ビデオ会議システムを使って、社員がランチを一緒に取ることが増えている。40分ほど、つかの間の雑談タイムだ。

 4月3日のランチ会は、江東、練馬、世田谷、新宿の都内各区、埼玉県朝霞市、オーストラリアと、ばらばらに離れて在宅勤務をする同社グループ社員6人が集まった。

 仕事の話題はほとんど出ない。

 「子供の卒業式は親の出席ができなかった」

 「それは寂しかったね」

 そんな家族の話や、在宅勤務でほとんど化粧をしなくなったことなど、近況をひとしきり話した。

 「在宅勤務を始める前は用件だけ済ませてデスクに戻ることが多かったけれど、オンラインでつながるようになってから職場の人との雑談が増えた気がする」と話すのは、ランチ会にも参加したGMOあおぞらネット銀行の細田暁貴(あき)さん(44)。「お店の予約の必要もないから、飲み会も思い立ったらむしろ、以前より気軽に誘って開けるようになった」という。

 オフィスを離れて初めて、見えてきた仕事仲間の新たな一面もある。ビデオ会議システムは、顔だけでなく自宅や家族も映し出す。

 「ああ、この人もパパ、ママなんだと認識を新たにするようになった」

 自身も2児の母である細田さんは、ランチ会や飲み会に限らず、業務中にもこう実感することが増えた。

 オンラインセミナーに講師の飼い猫が登場したり、社長も参加する重要なビデオ会議に子供が乱入したり。同社の在宅勤務が3カ月を超えたいま、「もう誰もつっこまなくなりました」。職場に日常がじわりと溶け込む。

 政府からの出勤者「最低7割減」の求めに応じ、在宅勤務は急速に浸透しつつある。その半面、長期化による社員どうしのコミュニケーション不足を心配し、雑談の場づくりを進める会社も出てきた。

 保険会社「マニュライフ生命」(東京)は3月末、在宅勤務のコツや悩みを発信・共有する社内SNS「マニュ散歩」を開設した。「今日は83歩しか歩かなかった」「ランチ休憩にヨガしてる」など社員どうし、他愛もない日常を伝え合い、「メンタルの部分で支えあっている安心感がある」(同社ブランディング部の田仲葉子さん)という。マーケティング会社「サイバー・バズ」(東京)は5月支給分から社員全員にオンライン飲み会手当5千円を創設している。

 離れて、つながる。新型コロナ禍で余儀なくされた離れ離れの状況を埋め合わせようとする取り組み。それはむしろ人と人とのつながりをこれまでの日常以上に、深めるかもしれない。

 ■変化するつながり

 「友人らとの交流に力を入れたい」と考える人が新型コロナウイルス感染拡大前と比較して2倍に増加-。博報堂生活総合研究所が4月、首都圏・名古屋・阪神の20~69歳1500人を対象に新型コロナ感染拡大の前後での意識変化を調べたところ、そんな傾向が浮かび上がった。

 同総研の三矢正浩上席研究員は、「この先どうなるのか状況が不安で流されそうになったとき、自分のよりどころを確認しようと、人は確かなつながりを求めることがあるのでは」と話す。

 同様の傾向は東日本大震災の直後にも見られ、当時、人々は被災地への支援に気持ちを寄せた。一方、今回は誰もが同じ災禍に直面。心境を同じくしながらも、社会的には距離を取らざるを得なくなった。「人と場を共有できない状況で、情報ばかりが過多になり気が休まらない。そんなとき、『元気か?』と確かめ合う、何気ないやりとりが支えになることもある」と三矢さんは見る。

 新型コロナで必要に迫られた在宅勤務。「家の中の様子など、ビデオ会議中に映り込んだ生活者としての一面が、人間性への理解につながり、やがて上司、部下の関係を緩やかにし、職場の関係性をフラットなものへと移行させる可能性もある」と三矢さんはみている。(津川綾子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ