国民の自衛官 横顔

(2)航空安全とメンタル支え 陸自東北方面ヘリコプター隊 朝井智信2等陸曹(44)

産経ニュース
「安全は自らつかもうとする人にしかつかめない」と語る朝井智信2等陸曹=仙台市若林区の霞目駐屯地
「安全は自らつかもうとする人にしかつかめない」と語る朝井智信2等陸曹=仙台市若林区の霞目駐屯地

ヘリコプター整備の任務にあたってきた約22年間。現場で培った経験と鋭い観察力で早期に不具合を見つけ、危険を未然に防いだのは一度や二度ではない。

大阪府東大阪市出身。陸上自衛隊のヘリのパイロットだった父の影響もあり、平成12年に入隊した。現在は陸自霞目(かすみのめ)駐屯地(仙台市)にある東北方面ヘリコプター隊第1飛行隊で、整備班に所属。指導陸曹として後輩の指導、育成にも力を注ぐ。「整備において、なぜ間違ったのか、自分で気付けるように指導すること」を心がけている。

ヘリの整備で航空安全を下支えする以外に、駐屯地カウンセラーとして、隊員の悩みや相談ごとに対応し、メンタルヘルスをサポートする役割も担う。

23年の東日本大震災では整備班としてヘリに搭乗し、孤立した被災者の救助にあたったが、発災から約2週間後に突然、食欲がなくなり、体重が23キロも減った。「救助したいという気持ちが強くなり過ぎ、自分を追い詰めてしまった」と振り返る。この経験からカウンセリングに関心を持つようになった。「相談者が笑顔で話せるようになると、手助けできた気持ちになる」と話す。

「安全は自らつかもうとする人にしかつかめない」が信条。整備に関しては「プロフェッショナルとして尊敬する先輩の教えを後輩に伝え、プロの意識と技量を持った隊員を育てていきたい」と使命感をにじませる。(石崎慶一、写真も)=随時掲載

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国