阪神・大山 愛のデスノック258本でゴールデングラブ賞取れ! 矢野監督が指令

サンスポ
顔をタオルでふく阪神・大山(撮影・安部光翁)
顔をタオルでふく阪神・大山(撮影・安部光翁)

阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)愛の258本ノック! 阪神・大山悠輔内野手(27)が13日、「愛の無事着」と題されたデスノックを受けた。ノッカーを務めた矢野燿大監督(53)は泥だらけで白球を追う姿に、ゴールデングラブ(GG)賞の獲得を指令。虎のホットコーナーを守り抜く。栄冠をつかみ、もらった愛に応えてみせる!

数えきれない〝愛〟がグラウンドを飛び交う。大山は転んでは立ち上がり、白球を追い続けた。その姿に、ノックバットを持った矢野監督から叱咤激励が飛んでくる。「ゴールデングラブ(賞)、取れよー!」。ユニホームを泥だらけにして〝主演〟を務めた男は歯を食いしばった。

「しっかり1年間戦った結果、そういう結果になってくれればいいと思います」

大山と矢野監督の〝ドラマ〟に宜野座にかかった厚い雲も雨をとどめた。午後の個別練習。昨年のキャンプから取り入れられたデスノックは、大人気の韓国ドラマ「愛の不時着」をもじった「愛の無事着」に名前を変えて、敢行された。

その先陣を切った大山は佐藤輝とともに三塁のポジションへ。ノッカーは矢野監督。三塁の定位置を争う後輩は、あまりの過酷さに途中で指揮官からタオルを投げ込まれて、別のメニューへ-。

始まったマンツーマン特訓。矢野監督から「ゴールデングラブ賞」という声が飛んだ。指揮官は「一生の宝物になるし、それを取れるような1年間を過ごしてもらいたい」と背中を押した。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」