阪神・原口が社会貢献活動を発表 安打&打点に応じた13万円を神戸市内の医療ケア施設に寄付

サンスポ
阪神・原口文仁
阪神・原口文仁

阪神・原口文仁捕手(29)が25日、兵庫・神戸市内の小児がんをはじめとする医療ケア施設「チャイルド・ケモ・ハウス」に、今季の安打数と打点数に応じた13万円(10安打+3打点、各1万円)を寄付したと発表した。

「コロナ禍で、病気と闘う子どもたちやご家族の方々は、細心の注意を払って過ごす大変な日々が続いていると思いますし、この活動が少しでも、そうしたみなさんのサポートにつながるのであればうれしいです」

大腸がんを乗り越えた原口は今季、56試合の出場で打率・204、10安打、3打点。主に代打での出場だった。「今年もコロナ禍で子どもたちとの対面はかないませんでしたが、来年以降、チャイルド・ケモ・ハウスのみんなと元気な姿で会えることを楽しみに、来季は結果を残し、寄付を続けられるように頑張ります」とコメントした。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表