【五輪直前エース転落】周囲の心配現実に…桃田選手、パチンコ・キャバクラ入り浸り

 【激震 五輪直前エース転落】(上)

 「明日からドバイ。優勝したらお土産を買ってきます」-。東京都墨田区の歓楽街、通称「錦糸町」の一角。ビルの9階にある闇カジノの店内で、若い男性がバカラ賭博のディーラーに笑顔で話しかけた。男性は8月のリオデジャネイロ五輪で金メダルが期待された日本バドミントン界のエース、桃田賢斗(21)。桃田はその直後、真顔になって10万円超のチップをバカラ台の上に置いた。

後ろめたさはなく

 未明の店内、暴力団員風の男や派手に着飾ったホステスらに交じってバカラ賭博に興じるジャージー姿の男性は、異様な雰囲気をかもし出していた。身分を隠そうともしない様子からは、日本男子初の五輪メダルの期待を背負いながら、違法行為に手を染めている後ろめたさはうかがえなかった、と関係者は話す。

 高級腕時計やネックレス、指輪などで身を飾る。公の場で「派手な生活がしたい」と言い放つ。今時の典型的な若者だと思われがちだが、知人らは「実際はとても真面目だ。ただ純粋すぎて鈍感なところがあった」という。

 学生時代は決して努力家ではなかった。体力トレーニングは苦手。野菜嫌いで菓子や炭酸飲料、インスタント麺で食事を済ませた。しかし世界トップが近づくにつれ考えが変わった。野菜を口に押し込み、「休め」と言われても練習するようになったという。

 「桃田君はよく『自分は弱い。でも夢を仕事にできて幸せだ』と謙虚だった」。知人の一人はそう明かす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ