福岡・船原古墳、国内初の玉虫装飾の馬具出土 国宝級か

 福岡県古賀市は13日、同市の国史跡・船原(ふなばる)古墳(6世紀末~7世紀初頭)近くの土坑から平成25年に出土した金銅製の馬具「杏葉(ぎょうよう)」に玉虫の羽が用いられていたことが分かったと発表した。市によると、玉虫装飾の馬具はこれまで韓国・新羅(しらぎ)時代でしか確認されておらず、国内では初めて。

 市教育委員会によると、古代の玉虫装飾品が見つかっているのは日本と朝鮮半島で11カ所のみ。古墳の調査指導委員会などによると、玉虫を使った馬具は5世紀代の新羅の王陵級古墳などで確認されてきた最高級品で、調査指導委の会長で奈良大の今津節生教授(保存科学)は「王陵とのつながりを示しており、国宝級の価値がある。日本の玄関口である博多湾周辺で重要な外交が行われていた可能性がある」と指摘する。馬具は今月14日~12月20日に市歴史資料館で公開される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ