リニア中央新幹線

リニアが停まらない静岡で「止まる」工事計画 熟議の舞台必要か

 リニア中央新幹線の計画が大きな難所にさしかかった。南アルプスのトンネル掘削で「大井川に流れ込む地下水が減る」と、静岡県が強い懸念を示しているため工事が進まず、2027(令和9)年の東京-名古屋間開業は困難な情勢になっている。問題解決に要する時間と労力は、国家プロジェクトのリターンを得るため民主主義国家として支払うべきコストといえる。最小限に抑えるには丁寧な議論が求められるが、県側の警戒心と不信は強く難航は必至だ。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ