千葉小4虐待死

千葉の小4虐待死、3月に二審判決 懲役16年の父

 千葉県野田市の自宅で平成31年1月、小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父、勇一郎被告(43)の控訴審初公判が19日、東京高裁(近藤宏子裁判長)で開かれ、弁護側は懲役16年とした一審判決に事実誤認があり、量刑が重すぎると主張した。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は3月4日。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ