あおり運転

あおり衝突、傷害認める 運転手の男、津地裁初公判

 三重県亀山市で6月、大型トラックであおり運転をして乗用車に衝突、男性にけがを負わせ逃走したとして、傷害と道交法違反の罪に問われたトラック運転手重田栄一被告(58)=京都市伏見区=は18日、津地裁で開かれた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ