大阪で震度6弱

突然「出ていって」 大阪北部地震で借家トラブル

 今年6月に発生した大阪北部地震で、被災した借家をめぐるトラブルがくすぶっている。借家の住人を支援する団体によると、被災した住宅の修繕に多額の費用がかかるため家主が修繕を拒むほか、住人に立ち退きを迫るケースもあるという。地震は発生から半年が経過したが、被災地はいまだ課題が残る。弁護士らでつくる支援団体は「借家を修繕するのは家主の責任。退去を強要してはいけない」としている。(矢田幸己)[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ