アメフト 悪質タックル問題

故意の反則行為 指導者、傷害容疑で立件も アメフト

 アメリカンフットボールの悪質反則問題で、けがをした関西学院大の選手が大阪府警に提出した被害届が、22日に警視庁調布署に移送されたことが分かった。警視庁は今後、日本大の関係者から事情を聴くなどして慎重に捜査し、傷害容疑などでの立件の可否を判断するとみられるが、専門家は「指導者も傷害罪に問われる可能性がある」と指摘する。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ