フィギュアスケート 羽生結弦

羽生、今季初戦貫禄V!北京五輪を視野「そのままやっていたら出る」/フィギュア

 フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日(14日=日本時間15日、カナダ・オークビル)男子は冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=がショートプログラム(SP)に続いて、フリーでも1位となる180・67点をマークし、合計279・05点で優勝。今季初戦を制した絶対王者は、3連覇が懸かる2022年北京冬季五輪について「(そのシーズンまで)そのままやっていたら出る」と、出場を視野に入れていることを初めて明かした。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ