相模原殺傷公判

相模原殺傷 弁護側、無罪主張で結審 植松被告「控訴しない」

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で、大麻使用の影響で心神喪失状態にあったなどとして、植松被告の完全責任能力を否定、改めて無罪を主張した。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ