関電金品受領問題

関電19億円訴訟、旧経営陣は払えるのか 切り札は賠償保険

 関西電力の役員らによる金品受領問題などで会社に損害を与えたとして、関電は歴代社長を含む旧経営陣5人を相手取り、計19億円超の損害賠償を求める訴訟を起こした。単純計算でも1人当たりの請求額は約4億円と巨額になる。企業の不祥事をめぐっては、過去にも旧経営陣が巨額の損害賠償を求めて提訴され、役員らが賠償金を支払えないケースもあった。ただ、企業側はこうした事態に備えて保険の利用を進めており、関電の旧経営陣5人にも適用される可能性がある。(岡本祐大)[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ