関電金品受領問題

揺れる贈答文化 関電問題で指摘された「儀礼の範囲」は?

 歳暮などに代表される日本の「贈答文化」が揺れている。役員らが福井県高浜町の元助役(死亡)から多額の金品を受領していた問題を受け、関西電力は取引先などから中元や歳暮、昇進祝いを受け取ることを原則禁止とした。贈答品を受け取った関電役員らは「儀礼の範囲だと…」と繰り返したが、「儀礼の範囲」の多くは各自の「常識」に委ねられている。本来、祝意や感謝などの気持ちが込められてきた贈り物のやりとり。今は、どうあるべきなのか。(森西勇太、吉国在)[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ