松山英樹

パットに苦しんだ松山英樹 世界選手権ゴルフ

 最終9番で3メートルのバーディーパットがカップに蹴られると、松山は天を仰いだ。「いいところがなかった。最後のパットが入らないとスコアが伸びない」と悔しさをにじませた。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ