米イラン対立

新型肺炎、イランでも感染拡大 実態隠蔽の疑念 SNS上で多数の政府批判

 【カイロ=佐藤貴生】イランで肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの感染が急増している。ロイター通信によると、同国内で初めて感染が確認されたのは19日だが25日までに16人が死亡し、中国に次いで最も多い国となった。感染者は少なくとも95人に増え、SNSでは多数の政府批判が出ているほか、周辺国の対応も本格化している。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ