iPS細胞

脊髄損傷、慢性患者の治療にも一歩 慶応大のiPS臨床研究

 手足のまひなどが生じ、重症の場合は車いす生活を余儀なくされる脊髄損傷。治療は症状が出てから時間が経過するにつれて難しくなる。iPS細胞を使った今回の臨床研究は比較的早期の患者が対象だが、障害が慢性化した患者の治療に向けた大きな一歩となる。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ