大阪・吹田の拳銃強奪事件

「安全対策」と「開かれた交番」の両立課題 大阪・吹田拳銃強奪から1年

 大阪府吹田市の交番前で昨年6月、警察官が男に刺され、拳銃を奪われた事件は16日で発生から1年。大阪府警は事件後、全ての交番に防犯カメラを設置し、襲撃を想定した訓練を重ねるなど交番の安全対策を強化してきた。ただ、交番勤務の警察官は地域住民に親しみを持ってもらうのも重要な役割。事件の再発防止と開かれた交番との両立が課題となっている。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ