経済インサイド

利用者減少や成り手不足… 「MaaS」地方の交通インフラ処方箋となるか

 鉄道やバスなど複数の交通機関が連携して先進的なサービスを提供する「MaaS(マース)」が、地方都市で着実に進んでいる。九州では鉄道とバスの伝統的なライバル企業が連携を進めているほか、国土交通省も、時刻表などのデータを活用するためのガイドラインを作成、全国の交通事業者の連携を支援する考え。ただ、地方の高齢者ら多くの人にサービスを利用しやすくするなどの課題はありそうだ。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ