記事詳細

大統領選から50日 デモ再び拡大 就任式に反発か ベラルーシ 

更新
産経新聞

デモが再び拡大したベラルーシ。大統領就任式に反発か=9月27日、首都ミンスク(AP) 1/1枚  【モスクワ=小野田雄一】ルカシェンコ大統領の再選が発表された大統領選への抗議が続くベラルーシで27日、選挙は不正だったとして同氏の退陣などを求めるデモが、首都ミンスクなど各地で行われた。日曜日のデモは7週連続だ。

<< 下に続く >>

 インタファクス通信によると、ミンスクでのデモには10万人超が参加した。治安当局はミンスクを中心に約200人を拘束した。

 この日は8月9日の大統領選以来、50日目。選挙直後は数十万人を集めたデモは、このところ数万人にとどまっていたが、再び参加者が増加した。ルカシェンコ氏が23日、告知なしで就任式を実施したことへの反発があったとみられる。

 ただ、デモ参加者の間には徒労感に加え、摘発強化への懸念が広がっているほか、ルカシェンコ氏が大統領権限を移譲する憲法の改正を提唱している点を注視する動きもあるという。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×