記事詳細

なぜ突然…「F-16」インド生産の背景 トランプ米政権の静かな“対中包囲網”

更新

インドでの生産が決まった米戦闘機「F-16」。メーカーのLM社などでは「ファイティングファルコン」とのニックネームをつけているが、操縦するパイロットらは、その機動性の高さから「ヴァイパー」(マムシやハブなどの毒蛇)と称している(2017年5月、岡田敏彦撮影) 1/8枚 【軍事ワールド】 インド製のF-16が誕生する-。米国は空軍の主力戦闘機のF-16をインドが生産することを許可、さらにインドが生産した機体を第三国へ輸出することも認めた。米で生産してきたのはロッキード・マーチン(LM)社、そして今回インドでの生産を受け持つのはタタ自動車で知られたインド最大財閥タタ社のグループ企業タタ・アドバンスド・システムズ社(TASL)。両社の提携合意の背景には、米国のグローバルな「武器外交」がある。(岡田敏彦)

<< 下に続く >>

【軍事ワールド】

 インド製のF-16が誕生する-。米国は空軍の主力戦闘機のF-16をインドが生産することを許可、さらにインドが生産した機体を第三国へ輸出することも認めた。米で生産してきたのはロッキード・マーチン(LM)社、そして今回インドでの生産を受け持つのはタタ自動車で知られたインド最大財閥タタ社のグループ企業タタ・アドバンスド・システムズ社(TASL)。両社の提携合意の背景には、米国のグローバルな「武器外交」がある。(岡田敏彦)

 予算は120億ドル

 合意は6月19日にフランスで開催されていたパリ国際航空ショーでLMが発表した。

 米CNNテレビによると、既にインドは最大150機の最新鋭戦闘機を購入する計画を持っており、そのための予算は120億ドルと見積もられている。日本円にして約1兆3440億円で、これは2020年の東京五輪で政府や東京都などが負担する公費に相当する。

 今回、米国とLMが生産の権利を認めたことで、インドが購入予定の150機の多くはこのインド・TASL生産のF-16になりそうだという。

 インド国内での生産はLMとTASLが共同で行い、その生産数はロイター通信などによれば100~250機。インドから他国に輸出することも可能な契約としている。国内での産業活性化をめざし「メーク・イン・インディア」政策を進めるインドにとっては渡りに船の契約だ。

写真一覧

  • インドでの生産が決まった米戦闘機「F-16」。写真は米太平洋空軍(PACAF)のアクロバットチームの機体で、青森県三沢基地の第35戦闘航空団(35FW)の所属(2017年5月、岡田俊彦撮影)
  • 米空軍第35戦闘航空団のF-16CJブロック50。インドで生産されるのは、より改良されたブロック70になる予定(2017年5月、岡田敏彦撮影)
  • 圧縮された空気が水蒸気の雲になるほどの高速機動を行うF-16。インドが生産するF-16は、ドッグファイト(空中戦)を行う速度域で極めて高い機動性を持つ(2017年5月、岡田敏彦撮影)
  • ロシア空軍のとSu-27フランカー戦闘機。インド軍が運用するSu-30とほぼ同型の機体。写真は6月19日、バルチック海で活動中の米空軍の偵察機に異常接近した際のもの(AP)
  • 中国が運用するSu-30戦闘機。インドも導入を進めているが、インドはその性能には満足していない(AP)
  • 強大な推力をいかし、急上昇するF-16。パワフルな機動性能によりNATO諸国など多くの国が主力戦闘機として採用している(2017年5月、岡田敏彦撮影)
  • インドも多数を運用する旧東側諸国のベストセラー機、Mig-21戦闘機(2011年11月、岡田敏彦撮影)

注目ニュース

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む