今秋ドラフト候補、最速154キロ右腕の横浜商大・飯田がオープン戦で5回7奪三振

フォト

  • 国学院大戦に先発し、5回3安打5四球7三振1失点の横浜商大・飯田=横浜市青葉区(撮影・加藤次郎)
    国学院大戦に先発し、5回3安打5四球7三振1失点の横浜商大・飯田=横浜市青葉区(撮影・加藤次郎) 更新

 (大学野球オープン戦、28日、国学院大2-2横浜商大、国学院大グラウンド)今秋のドラフト候補、横浜商大の最速154キロ右腕・飯田琉斗投手(3年)が先発し、5回を3安打5四球7三振1失点だった。一回に2点を先制したが、2番手投手が七回にスクイズで同点に追いつかれ、引き分けとなった。

注目ニュース

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • iza!を読む
    ×