記事詳細

日本ハムのD1位・伊藤が4回3失点も、栗山監督は「打者1人に4球以内」の実践を評価

更新
サンケイスポーツ

日本ハム先発の伊藤=タピックスタジアム名護(撮影・松永渉平) 1/1枚  (練習試合、日本ハム2-8広島、2月28日、沖縄・名護)日本ハムのドラフト1位・伊藤大海投手(23)=苫小牧駒大=が先発し、4回5安打3失点だった。前回2月20日の楽天戦(金武)に続き失点したが「数字で見てとれる内容以上に大きなものはあった」と収穫を口にした。

<< 下に続く >>

 一回2死二塁から松山に先制2ランを浴び、三回にも失点を許した。しかし、長いイニングを想定して「打者1人に4球」をテーマに臨んだといい、無四球で打者17人に対し13人が4球以内。「数字を残せているのはいいこと」とうなずいた。

 栗山監督は「粘られれば長いイニングを投げられない。(球数を制限することは)すごくいいこと」と目を細めた。開幕ローテーション入りを狙う最速156キロ右腕は「しっかり準備していけるよう、ここからまたギアをあげていきたい」と前を見据えた。(石井孝尚)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×