記事詳細

山県が10秒39で優勝 新設の陸上室内競技会

更新

 新設の陸上室内競技会「ジャパンアスリートゲームズin大崎」が28日、鹿児島県大崎町のジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の室内競技場で行われ、男子100メートル決勝は山県亮太(セイコー)が10秒39で優勝した。予選は10秒50だった。

<< 下に続く >>

 男子の110メートル障害は2レースが行われ、日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)が1回目に13秒79、2回目に13秒76と、ともにトップのタイムをマーク。走り幅跳びは嶺村鴻汰(富士通)が7メートル73で勝った。女子の100メートル決勝は鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が11秒80で、走り幅跳びは秦澄美鈴(シバタ工業)が6メートル35で制した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×