記事詳細

神戸製鋼が11トライの猛攻で圧勝 開幕2連勝/TL

更新
サンケイスポーツ

前半、コンバージョンゴールを決める神戸製鋼のヘイデン・パーカー=ユニバー記念競技場(撮影・甘利慈) 1/2枚  ラグビー・トップリーグ第2節最終日(28日、神戸製鋼73ー10キヤノン、神戸ユニバ)神戸製鋼が計11トライの猛攻で圧勝し、開幕2連勝とした。キヤノンは2連敗。

<< 下に続く >>

 神戸製鋼は前半8、20分と敵陣ゴール前のラインアウトからモールを押し込み、いずれもNO・8ナエアタ・ルイ(27)が連続トライを挙げるなど前半を28-3で折り返すと、後半も7トライを追加し、キヤノンを寄せ付けなかった。ナエアタはこの日、5トライの大暴れでMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれた。

 デーブ・ディロン・ヘッドコーチ(45)は「前節は雑な部分が多かったが、今日は最初から最後まで良い姿勢で戦ってくれた」と選手たちをたたえた。初戦のNTTドコモ戦で脚を負傷した日本代表SO田村優主将(32)が不在のキヤノンは攻守に精彩を欠いた。

写真一覧

  • 前半、競り合う神戸製鋼のブロディ・レタリック=ユニバー記念競技場(撮影・甘利慈)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×