記事詳細

中日・与田監督、福岡遠征では根尾を「外野でも使います」

更新
サンケイスポーツ

試合開始前に話す楽天・松井裕樹(左)と中日・与田剛監督=Agreスタジアム北谷(撮影・中島信生) 1/1枚  中日・与田剛監督(55)が28日、楽天との練習試合(アグレスタジアム、五回表途中降雨ノーゲーム)後に取材に応じ、3年目・根尾昂内野手(20)の今後の起用について言及した。

<< 下に続く >>

 「福岡(3月2、3日のオープン戦・ソフトバンク戦=ペイペイドーム=)では外野でも使います」

 根尾は今季、京田から遊撃のレギュラーを奪取することを宣言している。そのなかで、この日の試合前のシートノックでは初めて外野のポジションに就いた。これまで対外試合は8試合に出場し、打率・348(23打数8安打)、2打点と結果を残している。今キャンプに臨時コーチとして帯同したOBの立浪和義氏から指導を受けたほか、室内練習場で数多くバットを振り込むなど打撃面での成長も著しい。指揮官は、遊撃での守備でも捕球、送球などの安定感をほめ、全体的なレベルアップを認める。

 遊撃一本化を掲げる3年目の思いも受け止めており、この日の外野守備も昨年までの延長線で特別なことではないと強調。与田監督は「とにかく一番は1軍の試合に出すこと。そのためにいろいろと僕も模索してやっていきたい」と開幕1軍入りへの選択肢を広げ、さらに結果を積み重ねることを求めていく。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×