記事詳細

岡田彰布元監督が断言「佐藤輝明は『3番サード』で使ったらええ」

更新
ポストセブン

ギータばりの豪快スイングで飛距離はすでにチーム随一(時事) 1/1枚  阪神の超大物ルーキー、佐藤輝明(21)が在阪マスコミの話題を席捲している。タイガースの“機関紙”と言われるデイリースポーツは、キャンプ初日から佐藤の活躍を伝える「佐藤輝ダイアリー」を設けるほどの力の入れよう。当初は活躍した時に不定期で掲載する予定だったというが、ほぼ毎日連載の人気コーナーになっている。

<< 下に続く >>

 当初は外野での起用が有力で、2年連続盗塁王の近本光司(26・センター)、韓国で二冠王の新外国人ロハス(30・レフト)が当確と見られるなかで、残るライトを糸井嘉男(39)、高山俊(27)、陽川尚将(29)、井上広大(19)らと争う熾烈な戦いと見られていたが、主砲・大山悠輔(26)が背中の痛みで別メニューになると、近大時代に守っていたサードで起用された。これで大山をファーストにコンバートすれば、当初ファースト起用が検討されていた昨年19本塁打のサンズ(33)をレフト争いに回すことも可能だ。

 虎党の夢は広がるばかりだが、キャンプやオープン戦で活躍した新人が、シーズンに入ると沈黙するのはプロ野球の常。特に阪神のような人気球団の場合、本番で打てなかった時のプレッシャーも批判も痛烈だ。プロの世界では、そこでショックを与えて活躍を阻もうと、オープン戦ではわざと打たせて調子づかせるといった高等戦術さえ当たり前なのである。

 専門家はどう見るのか。元阪神監督の岡田彰布氏は「大丈夫」と評価する。

 「佐藤はええなあ。あの子は使い続けたら打つよ。今の状態を見ていたら、オレは3番くらいで使ってもええんちゃうかな、と思う。ルーキーだからと配慮する選手やない。なにしろ、すでにプロの体つきになっとる。特に下半身の大きさがええ。もちろん、まだ気になる点はあるが、絶対にいじったらアカン。おかしくなってまう」

 懸念される守備はどうか。大山が別メニューになったこともあるが、もともとサードの佐藤を外野で起用しようとしたのは、プロのレベルではサードは難しいのではないかという見方もあったからだ。

 「守備も悪くないよ。オレはサードで起用すべきやと思う。外野のスローイングに比べても、サードのほうがむちゃくちゃええからな。大山とサードで競わせたらええ。大山だってああやってケガするんやからな。だいたい空振りして背中を傷めとるんやから、どうしようもないわ」(岡田氏)

 最後は主砲への厳しい言葉で締めて、佐藤がすでに大山とレギュラーを争うレベルだと印象付けた。佐藤を指導した臨時コーチの川相昌弘氏も、守備には問題ないと話す。

 「佐藤選手のサード守備は実戦派ですね。器用さが必要なプレーは自分でもできると感じていると思います。センスもいい。スローイングは自信を持っていると思いますし、グラブさばきもいいですよ。これから練習を積んでいけば楽しみな選手だと思います」

 ついには「和製バース」という重い称号までマスコミでは使われ始めた。阪神では、左打ちの新外国人は必ずといっていいほど「バースの再来」と称して騒ぎ、その話題先行もあって活躍できずにチームを去るケースは枚挙にいとまがない。佐藤の場合、バースと誕生日(3月13日)が同じという“根拠”もあっての命名だが、本人には重圧になる可能性もある。

 「大学時代の佐藤はふてぶてしかった。攻守交替でサード守備につく時も、ベンチから最後の最後に出てくるのが佐藤でした」(近代関係者)という図太さに期待したい。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×