記事詳細

ヤクルトD1位・木沢の初先発は2回5安打3失点 制球で精彩欠く

更新
サンケイスポーツ

ヤクルト先発の木沢=沖縄県浦添市(撮影・今野顕) 1/2枚  (練習試合、ヤクルト-阪神、28日、沖縄・浦添)ヤクルトのドラフト1位・木沢尚文投手(22)=慶大=がプロ初先発。不運な当たりもあったが制球に苦しみ、2回5安打4四球、3失点だった。

<< 下に続く >>

 一回は先頭の近本に四球。その近本は盗塁死となったが、続く中野にも四球。1死一塁から佐藤輝が放った打球は左翼に上がったが、左翼・中山が目測を誤り捕球できず一走が生還(記録は適時二塁打)となった。その後2死二塁としたが高山、糸井に適時打を浴びるなど計3点を失った。

 二回も制球が安定せず近本の左翼線への二塁打と2つの四球で2死満塁。だが、高山を中飛に打ち取り踏ん張った。3イニングを予定していたが、球数は54球となり2回で降板。三回からは2番手でドラフト2位・山野(東北福祉大)がマウンドに上がった。

写真一覧

  • 1回に3失点したヤクルト先発の木沢=沖縄県浦添市(撮影・今野顕)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×