記事詳細

ソフトバンク野手陣が猛攻 2回で7得点

更新
サンケイスポーツ

 (球春みやざきベースボールゲームズ、ソフトバンク-オリックス、28日、アイビー)ソフトバンクがオリックスとの練習試合に臨み、二回を終えて7得点と猛打を見せた。一回は、無死一、二塁から釜元、上林、栗原が3者連続の適時打。一気に4点を先制した。二回も安打と四球で1死一、三塁とすると牧原大が右前適時打。釜元の右犠飛、上林の右前適時打で3点を追加した。

<< 下に続く >>

 ホークスは27日まで対外試合で2試合連続の無得点。工藤監督も若鷹陣に「『生き残っていくぞ』というところで、結果が出ないと生き残れない。『この一球を仕留めなければ』『この打席を何とかしないといけない』という強い気持ちで向かっていってほしい」と奮起を促していた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×