記事詳細

阪神D1位・佐藤輝、ヤクルトD1位・木沢から左越え適時二塁打 ドラ1対決でラッキーなヒット

更新
サンケイスポーツ

1回、適時二塁打を放つ阪神・佐藤輝=ANAボールパーク浦添(撮影・宮沢宗士郎) 1/2枚  (練習試合、阪神-ヤクルト 28日、沖縄・浦添)阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が「3番・左翼」で出場。一回の第1打席で左越えの適時二塁打を放った。

<< 下に続く >>

 1死一塁で打席に向かうと、ヤクルトのドラフト1位・木沢尚文投手(22)=慶大=と対戦。初球の151キロ直球を振り切った。高く舞い上がった白球に、左翼手・中山は目測を誤り、捕球できず。実戦10打席ぶりの「H」ランプをラッキーな形でともした。

 先制した阪神打線は2死二塁から、高山が中前適時打を放ち、追加点。さらに一、二塁とし、糸井の右前適時打で3-0とした。外野のポジション争いを繰り広げる佐藤輝、高山、糸井がそろってアピールした。

写真一覧

  • 1回、適時二塁打を放つ阪神・佐藤輝=ANAボールパーク浦添(撮影・宮沢宗士郎)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×