記事詳細

巨人・デラロサ、フリー打撃登板「打者の反応が見たかった」

更新
サンケイスポーツ

手締めを行う巨人・菅野智之、原辰徳監督、坂本勇人ら=沖縄県那覇市の奥武山公園(撮影・中井誠) 1/1枚  巨人のルビー・デラロサ投手(31)が28日、最終日を迎えた那覇キャンプで、今季初めて1カ所でのフリー打撃に登板した。左打者の秋広、右打者の湯浅を相手に計25球を投げ、球種を打者に伝えた上の投球で安打性は1本。「直球中心で、スピードよりボールの回転、伸び、質を意識した。打者の反応が見たかったので、事前にバッターに球種を知らせる形にしましたが、空振りも取れていた」と手応えを語った。

<< 下に続く >>

 来日3年目の右腕は自主隔離期間を経て、12日に主力中心のS班キャンプに合流していた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×