記事詳細

中日・大野雄、実戦初登板2回3失点「しっかりと腕を振れた」

更新
サンケイスポーツ

1回、阪神・近本に二塁打を浴びる中日・大野雄=アグレスタジアム北谷(撮影・宮沢宗士郎) 1/1枚  (練習試合、中日1-8阪神、27日、沖縄・北谷)昨季、沢村賞に輝いた中日・大野雄大投手(32)が27日、阪神との練習試合で実戦初登板し、2回4安打3失点だった。

<< 下に続く >>

 「内容、結果どうこうよりも、しっかりと腕を振れて、ストライクゾーンで勝負できていた」

 一回に3安打1死球などで3失点。直球が高めに集まったが、本来はそのゾーンで空振りやファウルを奪うのがスタイルだけに、微調整で済むと気にしていない。

 一方、一回無死二塁で追い込んだ糸原に浴びた右前打は、相手にとって走者を進塁をさせたいシーン。意図する打撃をされたことは反省材料だ。

 「ここ2年、最優秀防御率のタイトルを取れているのは、そういう場面で走者を進めさせなかったり、1死を取れたりできていたからこそ。今後に詰めていけたら」

 今後は福岡遠征には帯同せず帰名して体を動かし、次回登板に備えていく。(須藤佳裕)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×