記事詳細

マー君に褒められた!ヤクルト・村上、初対決いきなりタイムリー「もっともっと高みを目指す」

更新
サンケイスポーツ

村上がガツンとマー君撃ち! 一回、田中将との初対戦で右前適時打を放った (撮影・今野顕) 1/2枚  (練習試合、ヤクルト1-5楽天、27日、沖縄・浦添)ヤクルト・村上宗隆内野手(21)は27日、楽天との練習試合(沖縄・浦添)に「4番・三塁」で先発出場し、一回に楽天・田中将大投手(32)から右前適時打を放った。初めて対戦した日米通算177勝右腕から「いい打者」と称賛された若き大砲は、打撃主要3部門(打率、本塁打、打点)のタイトル獲得を宣言。さらなる飛躍を誓った。

<< 下に続く >>

 百戦錬磨の右腕にも村上は、ひるむことなくフルスイングを貫いた。一回1死一、二塁で迎えた田中将との初対戦。スライダー、直球、スライダー、スプリットでカウント3-1となった5球目、148キロの直球をバットの下っ面で捉えた。完璧な当たりではなかったが、持ち前のパワーで押し込み、一、二塁間を破る適時打とした。

 「その空間を楽しみたいと思っていた。力んでしまって自分のスイングじゃなかったですけど、安打になって良かった」

 試合後はそう息を弾ませたが、塁上では表情を変えることなく、さらに仕掛けた。2死一、三塁となった後の西田の打席。初球で二盗を決めた。2度目の対戦となった三回2死の第2打席は外角に沈むスプリットで二ゴロに打ち取られたが「夢のような時間でした」と目を輝かせた。

 高校時代から名を轟かせた者同士。21歳の若きスラッガーに、田中将は確かな潜在能力を感じていた。

 「1打席目もいい形で見逃していた。やはり率も残せるし長打も打てる、いい打者だなと思いました」

 あくまで調整段階。「自分が投げるボールも、どうなのかというのはありますけど」と前置きしたが、そう言いたくなるのも11学年下の大砲の力量を認めるからこそだ。

 初対戦で、その名を印象付けた村上は「迫力があって、圧倒される感じ。プロ野球とメジャーの最前線で戦われた方で、すごく刺激になりました。もっともっと高みを目指していきたい」と武者震いした。たった2打席、計8球。しかし、さらなる進化に向けたモチベーションとするには十分だった。

 それを表すように、新たな野望もぶち上げた。「今まで開幕する前は意識したことがなかったんですけど、今年は3つ(首位打者、本塁打王、打点王)のタイトルのうち、どれか1つでも取りにいくという強い気持ちを持ってシーズンに挑みたい」。3年目の昨季は史上最年少で最高出塁率(・427)のタイトルを獲得したが、あくまで狙うのは打撃の主要3部門。本塁打、打点で巨人・岡本に及ばず2位に終わっただけに「そこは一番になりたい」と言い切った。

 4試合連続安打をマークし好調をキープ。28日の阪神との練習試合(浦添)でキャンプを締めくくる。「けがなく終われるように頑張りたい」。貴重な2打席を経て、村上はさらに視線を上げた。(横山尚杜)

★燕ナインも熱視線

 村上のみならず、田中将にヤクルトの選手たちは熱い視線を送った。バックネット裏には奥川、D1位・木沢(慶大)、高橋、大西ら若手投手陣が集結。石川や青木も一塁側スタンドから視線を送り、小川は三塁側と一塁側の両スタンドから動画を撮影して投球フォームをチェックした。高津監督は「やっぱり、いい投手。昨日の涌井もそうですし、きょう投げた則本(昂)もそうですけど、横から見ていて間違いなく球が低い。いい投手の条件の一つだと思います」と感心していた。

写真一覧

  • ヤクルトの(左から)小川、青木、石川、小川GMもスタンドから田中将に熱視線を送った

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×