記事詳細

広島・佐々岡監督、死球で交代の鈴木誠は「軽傷だと思う」

更新
サンケイスポーツ

3回、死球を受ける広島・鈴木誠=沖縄県那覇市の奥武山公園 (撮影・中井誠) 1/1枚  (練習試合、巨人5-1広島、27日、沖縄・那覇)広島が巨人に敗れ、今キャンプの対外試合成績は6試合で1勝4敗1分け。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

<< 下に続く >>

 --開幕投手候補の九里が3回2失点

 「真っすぐ、変化球の精度を上げて投げないといけない。しっかりと次の登板で調整してもらいたい」

 --D3位・大道(八戸学院大)が九回に登板し1回無失点

 「いろいろ経験させていこうと。どこに適しているのか。あの投げっぷり、ずっと見ていて、良いものを出してくれている」

 --守護神争いは

 「フランスアがどこでどう帰ってくるか、わからない。当然帰ってくるのであれば期待する面もあるけど、他のみんながよければ誰かが、ということになる」

 --D2位・森浦(天理大)も1回無失点   「すごく気持ちの入った投球をしている。十分戦力としてというかね」

 --鈴木誠が死球で交代

 「本人に聞いても『大丈夫』だと。軽傷だと思う」

 --羽月、D6位・矢野(亜大)がアピール

 「粘って出塁するというところで、本当に良いものを出してくれている。本当に粘って、粘って、塁に出ようという気持ちが出ている」

 --今季初対戦の巨人・菅野の印象

 「良い投手であることは当たり前。打ち崩していかないといけない。シーズンに入ったら当たる」

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×