記事詳細

DeNA・三嶋、今季初実戦は1回1失点2K「いいボールと悪いボールがはっきりしすぎた」

更新
サンケイスポーツ

 (練習試合、日本ハム3-3DeNA、27日、沖縄・名護)DeNA・三嶋一輝投手が、八回に4番手で今季初の実戦登板。1回1安打1失点、2奪三振、最速は148キロだった。

<< 下に続く >>

 「(捕手の伊藤)光さんと話して、全部の球種を投げようと。打者に対して投げてみて、いいボールと悪いボールがはっきりしすぎた。逆に次への課題というのはわかりやすくなったかなと」

 3-2の八回。先頭の代打・王はフルカウントからスライダーで見逃し三振。しかし、続く松本剛にスライダーが抜けて死球で出塁を許すと、けん制悪送球などで2死二塁となり、浅間に浮いたフォークを右越えに運ばれ失点した。

 最後は大田を外角低めの直球で見逃し三振。「キャンプで右打者の外というのは意識してやってきたので、それがあそこでしっかり投げられたことはよかった」とうなずいた。

 昨季18セーブを挙げ、今季もクローザーとして期待される右腕は「今日出た課題を次にやらないように、試合で投げていって出た課題をつぶしていければと思います」と先を見据えた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×