記事詳細

プロ野球、今年初の歓声 高知の西武-ロッテ、観衆2059人

更新

2059人のファンを集めて行われた西武-ロッテの練習試合=27日、高知市 1/2枚  プロ野球の球場にファンの姿が戻った。西武-ロッテの練習試合が27日、高知市の高知県立春野野球場で2059人の観衆を集めて行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のために、12球団はキャンプや練習試合を無観客で実施しており、観客が入ったのは今年初めて。

<< 下に続く >>

 プレーボール直後の1球目にロッテの藤原が先頭打者本塁打を放つと、観客席からどよめきが漏れ、球場は大きな拍手に包まれた。

 観客は入場ゲートで手指の消毒や検温を行い、全席が指定され間隔を空けて座った。例年の練習試合に比べて警備員も増員。球場では声を出しての応援を控えるお願いが掲示され、マスク着用などを求める場内アナウンスが流された。

 春野野球場の収容人数は1万6千人で、主催した高知県観光コンベンション協会は感染防止対策を講じて上限3千人で観客を受け入れる態勢を整えた。

写真一覧

  • 手指を消毒して西武-ロッテの練習試合に向かう野球ファン=27日、高知市

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×