記事詳細

ヤクルトD1位・木沢、キャンプ1軍スタートに「最後まで生き残っていきたい」

更新
サンケイスポーツ

マウンドから投球練習をするヤクルト・木沢=埼玉県戸田市(代表撮影) 1/1枚  ヤクルトのドラフト1位・木沢尚文投手(22)=慶大=が22日、埼玉・戸田球場での新人合同自主トレーニングに参加。同球場のマウンドで初めて投球練習を行い、22球を投げるなど汗を流した後、1軍スタートが正式に決まった春季キャンプに向けて、決意を語った。

<< 下に続く >>

 「1軍キャンプに行くだけではなくて、行ってからの競争にどう残るかというところだと思うので、ルーキーですけど、競争意識を持って最後まで生き残っていきたいと思います」

 この日、キャンプメンバーが発表され、木沢の他にD2位左腕・山野(東北福祉大)、正遊撃手候補のD4位・元山(同)、俊足のD5位・並木(独協大)が1軍スタートとなる。

 最速155キロ右腕は「開幕ローテーションに入ることが現時点での目標なので、そこに向けてキャンプでどう取り組んでいくか、しっかり考えて沖縄に乗り込みたい」と気合十分。ポジションを勝ち取るため、研鑽(けんさん)を積む。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×