記事詳細

異例の周回コース、五輪代表に記録への期待高まる 大阪国際女子マラソン

更新

女子マラソン 一山と前田の比較 1/1枚  「第40回大阪国際女子マラソン」は31日午後0時10分に号砲が鳴る。東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=と前田穂南(24)=天満屋=の直接対決が実現。新型コロナウイルスの影響で、コースが長居公園(大阪市東住吉区)の周回コース(1周2・8キロを約15周)に変更されることが決まり、より高速なレースも予想される。日本記録は野口みずきが2005年のベルリンでマークした2時間19分12秒。コロナの閉塞(へいそく)感を打破するようなレースに期待が高まる。(丸山和郎)

<< 下に続く >>

 新しい周回コースはアップダウンが少ない。従来の市街地を巡るコースは、高低差約9メートルでフラットといわれていたが、今回のコースは高低差が約5メートルでさらに平坦(へいたん)になった。減速が必要になるような急な曲がり角もなく、風の影響も少なくなることが予想される。

 もっとも、東京五輪代表の2人は五輪へ弾みをつけるために、コース変更前から2時間19分台で走ることを強く意識してきた。一山は昨年3月の名古屋ウィメンズで日本歴代4位の2時間20分29秒をマークした「現役最速」のランナー。冷たい雨が降る悪条件だっただけに、まだまだ伸びしろが期待される。

 昨年はコロナ禍で大会も限られた中、スピード強化に重点を置き、トラック種目でも自己ベストを相次いでマーク。「(1年前に比べて)積み上げてきている練習量が違う」と話し、「大阪国際は(日本記録の)19分12秒を切りたいと思って臨む大会。誰に勝つというより、記録を破りたいのが一番」と意欲的だ。

 一方の前田は、五輪と同じ夏場に開催された2019年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝し、「現役最強」を印象付けた。MGCで代表に決まった後、天満屋の武冨豊監督とは「(五輪までに)2時間20分切りを目指して走ろう」と計画を立ててきた。昨年2月の青梅マラソンでは、30キロの部で1時間38分35秒の日本新記録を樹立。従来の野口みずきの30キロの日本記録を上回り、自信をつけた。

 昨年もコロナ禍で海外合宿ができないなどの影響を受けたが、トレーニングを変え、「筋力やスピードの強化はできている」と自己分析。武冨監督も「(大阪国際の)目標は変えない。ハイペースを経験することで、五輪でも世界とわたりあえる」と強調する。

 過去に日本の女子で2時間19分台をマークしたのは野口と渋井陽子、高橋尚子の3人。いずれも男女混合レースのベルリンでマークした。今回の大阪国際では川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)ら国内の男子がペースメーカーを務めることも、記録を狙う上では大きなサポートになる。

 川内は「コロナでいろんな人が暗い気持ちになっている中、日本記録更新というストーリーを追いかけていくことで、明るい話題が提供できる」と話す。例年とは趣が異なる大会になるが、記録にこだわったレースが展開される。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×