記事詳細

マー君移籍先候補のツインズ、J・A・ハップ獲得で先発枠埋まった

更新
サンケイスポーツ

 【ニューヨーク20日(日本時間21日)=竹濱江利子通信員】米大リーグ、ツインズがヤンキースからフリーエージェント(FA)になっていたJ・A・ハップ投手(38)と1年契約の年俸800万ドル(約8億3000万円)で合意したとESPN(電子版)など複数の米メディアが伝えた。

<< 下に続く >>

 メジャー通算123勝のベテラン左腕は、ブルージェイズ時代の16年に自己最多の20勝を挙げ、18年にはオールスター戦に出場。18年途中からはヤ軍でプレーし、田中将大投手(32)とともに昨季終了後にFAとなっていた。

 現地報道では田中の移籍先候補としてツインズも挙がっていたが、これで先発陣は昨季6勝1敗の前田、同5勝4敗のべリオス、同6勝4敗のドブナックに加えて、ハップの獲得でローテーションの5枚が埋まり、田中が加入する可能性は低くなった。

 マー君については、古巣の楽天が本格参戦を表明。米国内では日本以上に新型コロナウイルスの感染拡大が深刻で、シーズン開幕も現時点では不透明な状況だ。ブルージェイズなども候補に挙げられているが、日米のどちらを選択するかに注目が集まっている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×