記事詳細

カズ、J1最年長ゴールに意欲「期待に応えられるように」

更新
サンケイスポーツ

キャンプで練習する横浜FCの三浦(左)=和歌山県内((c)YOKOHAMA FC) 1/1枚  J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が21日、和歌山キャンプ2日目の練習を終えた後に、オンラインで取材に応じた。プロ36年目を迎え、来月26日には54歳になるカズは「みなさんの期待に応えられるようにしたい」と、J1最年長出場&ゴールへ意欲を示した。

<< 下に続く >>

 新型コロナウイルス禍で例年のグアム自主トレを取りやめ、沖縄で自主トレを敢行したカズは、「最高の環境でした」と満足感を口にした。昨シーズンはキャンプ直前のグアム自主トレ最終日に筋肉系のけがを発症したため、今季は調整方法を変えたという。

 昨年までは5キロ走を1キロ6分のペースでこなしたが、今年はやり方を変更。「効率的にサッカーに合う有酸素運動を取り入れた。心拍数160になったら走ることをやめて歩く、135になったら走る。それを20~30分間繰り返しました」と、より実戦の動きに近い方法で走り込んだ。

 効果については「すぐに出るものではないが、シーズン中に出てくることを楽しみにしている」とカズ。貪欲さを失わず、前だけを見据える。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×