記事詳細

法大が主将・関口の2ゴールで決勝進出

更新
サンケイスポーツ

 #atarimaeni CUP準決勝(21日、法大2-0早大、味の素フィールド西が丘)新型コロナウイルスの影響で大学選手権(インカレ)と総理大臣杯が中止となったため、開催されている特別大会。法大は早大に競り勝った。

<< 下に続く >>

 前半から相手を押し込み、好機を演出。後半6分に今季からJ2甲府に加入するDF関口正広(4年)が混戦から先制弾。さらに同34分にショートカウンターから低い左クロスを入れると、右サイドを駆け上がった関口が右足を振りぬきゴール右へ。主将の2得点で4季連続の全国大会決勝進出を果たした。

 「後輩に何かを残すためにプレーしている。まず大学でやり切ることを意識しています」と関口。2018年のインカレ以来の日本一を置き土産に、プロに進む。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×