記事詳細

ソフトバンク松田、新スローガン『鷹く!』に「全部高くいけるように」

更新
サンケイスポーツ

 ソフトバンク・松田宣浩内野手(37)が21日、ペイペイドームを訪れマシン打撃を行った。この日、発表された今季のスローガン「鷹く!(たかく)」について印象を明かした。

<< 下に続く >>

 「鷹ってホークスらしくていいんじゃないですか? 鷹という思いを今一度持つためにも。全部高くいけるように」

 工藤監督がオンライン会見でスローガンを発表した直後。バットを振り込み、汗を流し終えた松田が姿を見せた。宮崎での自主トレではマシンを相手にした打撃練習ができなかったといい、ペイペイドームに足を運んだ。現状の状態についても「体はいい感じ。しっくりきています」と強調した。

 松田の心を突き動かしたのは、今季からヘッドコーチとして球団に復帰する小久保裕紀氏の言葉だ。あるテレビ番組を松田が見ていたとき。小久保氏は、2月の春季キャンプに入れば技術練習やチーム練習が自然とメニューに入ってくるため、1月は体作りに徹するべきだと語っていたという。

 松田は「すごく僕の中にすっと入ってきた」と感銘を受けた。福岡市東区の大嶽神社の階段を駆け上がるのが年始のルーティンでもある松田は、前日20日も含めて計6度も足を運んで、球春に備えてきた。三塁に君臨する熱男が2021年も高く飛ぶ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×