記事詳細

DeNA・坂本、ムネリンから刺激 今季の目標は「防御率を半分に」

更新
サンケイスポーツ

自主トレーニングを行ったDeNA・坂本裕哉投手=横須賀市・DOCK 1/1枚  今季2年目を迎えるDeNA・坂本裕哉投手(23)が21日、今年初めて横須賀市のファーム施設「DOCK」で自主トレーニングを行った。

<< 下に続く >>

 今オフは地元・福岡で練習に励んだ。同じ練習場ではなんと、ソフトバンクやメジャーリーグでも活躍し昨季はBCリーグ・栃木でプレーした川崎宗則内野手(39)も練習を行っていたことを明かした。

 川崎の走り方を見て「スタートの加速とかがすごく参考になり、ダッシュ力がついた」と坂本。一見、投球とは関係が薄いようにも思われるが「去年プロ野球で戦って、いい投手は走り方が良いと思った。三嶋さんとか。瞬発力などにもつながってくると思うので、速くしていきたいと強化していた」と説明した。

 1年目の昨季は開幕ローテ入りを果たし、球団大卒左腕史上初の初登板勝利を挙げたが、故障で長期離脱を挟み10試合で4勝1敗、防御率5・67。「一番は一年間ローテーションを守ること。昨季も目標にして達成できなかったので。それから、防御率は去年の半分くらいにできるようにしたい」と意気込んだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×