記事詳細

【虎のソナタ】「大寒」でもヘッチャラ!ホットな甲子園 「阪神タイガースWomen」取材に虎番やる気十分

更新
サンケイスポーツ

ポーズをとる(左から)三浦、高塚、水流。トラ番のやる気は満々!? 1/1枚  昨日は二十四節気の「大寒」。暦と実際の気候はちょっぴりズレているとはいえ、その字が示す通り、一年で一番寒~いと言われてきた日だ。

<< 下に続く >>

 --外は寒いか?

 現場を駆け回っていたトラ番最年少・織原祥平に尋ねると、意外な答えが。

 「取材場所が室内だったんです。しかも、目の前にきれいな女性がズラッと並んでいまして。個人的事情ですが、ことしになって初めて女性と話をしたもので、顔が火照ってしまって。大寒? ヘッチャラです」

 もうお分かりですね。この「虎のソナタ」のすぐ隣にドド~ンと報じている女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガースWomen」の入団会見。そこに突入したらしい。現在彼女不在の25歳独身クンには刺激が強すぎる取材現場になってしまったのでは?

 「そんなことないですよ。マジメに取材しましたから。女性ファンのかわいいレプリカユニホームは見慣れていましたが、ホンモノのタテジマに袖を通した女性は、一瞬、違和感があったんです。でも、みなさん、実績十分、鍛え上げたアスリートだから、すぐに似合ってるなぁと感じましたね」

 でも、普段は男しか取材しないトラ番たちは、さぞ喜んでいたのでは? と追及したら…。

 「それがですね、スポーツ5紙で、取材に来た男性記者はボク一人。他社はすべて女性トラ番記者なんですよ。女性同士で何となく気さくに会話しているように見えました。あっ、でも僕がこの1年、タイガースWomen担当の座を死守したいので、万が一、うちのトラ番に女性記者が来ても譲りたくないです」

 ということだそうです、(わが社の人事権を持ってる)編集局長殿! 一応、相当なやる気を見せておりますので、この1年の織原記者の女性虎戦士の取材を温かく見守ってやってください。

 「大寒」にふさわしくない?! ホットな取材の様子が伝わってきたが、ちなみに次の二十四節気は「立春」であります。2月3日。まだまだ寒いが「春」の文字が登場。その頃はキャンプが始まっていて、「球春」な~んてフレーズも紙面を賑わせているかも。

 ここで豆知識を。「立春」の前日は「節分」。これは決まっている。ことしは2月2日になります。実は「節分」が2月2日になるのは124年ぶりの大珍事なんだとか。暦ってのは本当に不思議。「節分」は2月3日に固定じゃなかったんですよ。

 「ということは、キャンプ恒例の助っ人による豆まきイベントも1日早まるわけですね。去年は(退団した)ガルシアが楽しそうに演じてくれたなぁ。ことしの助っ人たちはキャンプインに合流できたらいいのですが」

 織原に豆知識を教えたら、興味は「不可思議な暦」ではなく、「助っ人たちが豆まきに間に合うかどうか」だった。確かに例年は外国人選手たちが鬼に扮した報道陣にマメをぶつけまくる“名演技”がトラ番取材の年中行事になっている。

 コロナ禍の中で、その頃、どんな状況になっているか。少なくとも「鬼は外」の掛け声はないだろうなぁ。無言か。それも気味が悪い。さすがにことしは中止かも。

 ただ、こんな年だからこそ、心を込めてマメをまきましょう。準備は1日早めに-。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×