記事詳細

楽天・石井監督、12球団監督会議初参加で速攻質問「外国人合流ばらつき」の議論呼びかけ

更新
サンケイスポーツ

GM職でもある石井監督は、外国人選手の問題について議論を呼びかけた 1/1枚  12球団監督会議が20日、オンラインで開かれ、楽天・石井一久監督(47)が、新型コロナウイルス感染拡大による外国人の新規入国停止で、外国人選手のチーム合流に球団によってばらつきが出ることについて、議論を呼びかけた。

<< 下に続く >>

 「新参者で緊張しましたが、一番初めに質問させていただいた。新規で入国する外国人選手について質問した」。会議後にオンライン取材に応じた石井監督が明かした。

 楽天は今オフ、カスティーヨ外野手、ディクソン内野手、コンリー投手の3選手を獲得。しかしビザ発行が停止され、来日が未定となっている。一方で、昨季から所属のブセニッツ、宋家豪の2投手は来日できる。ゼネラルマネジャー(GM)を兼任する新監督は「元々いる外国人選手をキープした方がいい、という状況は12月の時点では分からない。仕方ないが、全体的にフェアな条件ではないと感じる」と主張した。

 外国人選手が来日できない事態は、多くの球団で起きている。石井監督は「外国人選手がそろっている球団は関係ないが、格差が生じると思う。現場の活発な意見は特になかった。各球団は現場の意見を吸い上げてもらい、理事会で議論していただき、ガイドラインを作ってもらえれば」と求めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×