記事詳細

左肘違和感で出遅れた西武のD2位・佐々木は順調に回復「最短の道を」

更新
サンケイスポーツ

キャッチボールする西武・佐々木=20日、所沢市の球団施設(代表撮影) 1/1枚  西武のドラフト2位・佐々木健(たける)投手(24)=NTT東日本=が20日、所沢市のカーミニークフィールドでの新人合同自主トレに参加。昨年11月頃の左肘違和感で一部は別メニュー調整ながら、この日は約40メートルでのキャッチボールを行うなど、順調な回復をアピールした。

<< 下に続く >>

 「特に問題なくキャッチボールできています。体のほうは全く問題なく、チームのトレーナーの方からメニューを組んでもらって、それに従って焦らずしっかり投げているところです」

 1月に入り、すでに何度かキャッチボールをこなしており、徐々に強度を上げていく。開幕を目指し、練習に励む日々だが、「その日その日で良ければステップアップするし、悪ければ保留という形。最短の道をやっていくだけです」と焦りはない。春季キャンプはB班(2軍)メンバーでの帯同が決まっている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×