記事詳細

阪神・小野寺、今年こそ支配下選手に

更新
サンケイスポーツ

ノックを受ける小野寺暖=鳴尾浜球場(代表撮影) 1/1枚  大卒2年目の育成、阪神・小野寺は19日、鳴尾浜でキャッチボール後、ベースランニングで走り込んだ。「年末年始は実家近くの生駒山を1時間、走っていた」。昨年は3月のオープン戦で存在感を示したが、ウエスタンでは44試合に出場して打率・233。本塁打は打てなかった。「1年目で支配下になるという目標は達成できなかったが、精神的にも技術的にも成長できたと思う。今年こそ支配下選手になりたい」と力を込めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×