記事詳細

巨人・元木ヘッド、助っ人8人でサバイバル「“俺が残るんだ”という気持ちで」

更新
サンケイスポーツ

巨人・元木ヘッドコーチ 1/3枚  巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)が19日、新加入のエリック・テームズ外野手(34)=前ナショナルズ、ジャスティン・スモーク内野手(34)=前ジャイアンツ=ら8人の助っ人に競争意識を求めた。

<< 下に続く >>

 「“俺が残るんだ”という気持ちでやってくれれば。誰でも試合に出られるという感覚はやめてほしい」

 外国人は昨季8勝のサンチェスや守護神のデラロサ、先発左腕のメルセデス、最速164キロ右腕のビエイラ、内外野を守れるウィーラーら実績のある選手がそろう。5つの登録枠、4つのベンチ入り枠を争う構図で、メジャー通算196本塁打のスモーク、同通算96発のテームズも、うかうかしていられない。

 競争意識が高まればチーム全体の底上げにつながり、リーグ3連覇、9年ぶり日本一奪還への道も開ける。元木ヘッドは「(4番を打つ岡本)和真の後が一番大事。(新加入の2人に5番を)任せるのであれば、勝負強いところを見せてほしい」と期待した。

 コロナ禍で新助っ人の来日がずれ込む可能性はあるが、大砲候補が活躍すれば、これほど心強いことはない。(樋口航)

写真一覧

  • 巨人・サンチェス
  • 巨人・デラロサ

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×