記事詳細

大栄9勝、正代かど番脱出 貴景は休場

更新

大栄翔(左)は北勝富士を下した=両国国技館(撮影・加藤圭祐) 1/1枚  大相撲初場所10日目は19日、両国国技館で行われ、平幕大栄翔は北勝富士を突き出し、9勝目を挙げた。10日目を終えて平幕の単独トップは平成13年秋場所の琴光喜以来。大関正代は遠藤を突き落として勝ち越し、かど番を脱出した。

<< 下に続く >>

 かど番大関の朝乃山は玉鷲を寄り切って7勝目。大関貴景勝は左足首負傷による休場で負け越しが決まり、来場所は3度目のかど番となる。

 大栄翔を1差で正代が追い、3敗で朝乃山、ともに平幕の明生、逸ノ城が続く。十両は初黒星を喫した剣翔が単独首位。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×