記事詳細

阪急阪神HD統制強化 「いずれ球団社長」谷本本部長、失態続き…阪急側キーマンは杉山社長

更新
産経新聞

阪急阪神HDの角会長(右)と杉山社長 1/2枚 【集中連載:阪神コロナ妄乱の病巣(4)】

 大阪市内の私邸で催されたパーティーに参加した3選手が、3月末にプロ野球界初の新型コロナウイルス感染者となった阪神。同じ阪急阪神ホールディングス(HD)傘下の阪急電鉄が運営する宝塚歌劇団では、厳重な感染防止策を講じてもなお、声楽やバレエの講師など外部からの出入りを再開すると、8月にクラスターが発生した。

<< 下に続く >>

 長期の休演を余儀なくされるとともに、「演劇界にも迷惑をかけた。いろんな興行に迷惑をかけた」。そう神妙に語るのは、角和夫代表取締役会長グループCEO(71)だ。それだけに、阪神がずさんな危機管理を改めることなく、シーズン佳境の9月下旬に再び選手、スタッフらの間で集団感染を起こしたことへの失望は大きかった。

 10月に入り、角会長は本紙の直撃に「球団の管理責任があったと言わざるを得ない。何らかのケジメが必要」と一喝。この発言が7日発行紙面に載ると、阪神は2日後の9日に揚塩健治球団社長(60)が12月1日付で辞任すると表明した。

 だが、懺悔はしても問題の本質にはメスが入らない体質は相変わらず。「世間に騒がれたから」「親会社に怒られたから」という場当たり対応の人事だった。続いて11日には感染した選手、スタッフおよび会食の同席者の計11人に対し、会食の人数や形式で内規を破ったとして罰金とレポート提出を科したことが発表された。だがこの裁定に球団内部では、「この組織はどこまで腐っているんでしょうね!」などと怒りの声も上がった。

 実は集団感染が起きて以降、球団内では8月末の広島遠征中に矢野燿大監督(51)が主宰した会食が「バレたら一大事になる」とささやかれていた。参加したコーチ、選手が上限4人を上回る人数だったからだ。この事実が伏せられたまま、感染した選手らだけ槍玉に挙げられたことに不満を抱く内部から情報提供を受け、翌12日に本紙は指揮官の“違反会食”をスクープ報道した。

 社長のしっぽ切りと選手らの処分を「ケジメ」としたうえ、藤原崇起オーナー(68)=阪神電鉄代表取締役会長=が矢野監督を来季続投させる方針を13日に大本営発表して、騒動の収拾を図ろうと考えていた球団には動揺が走った。それでも問題の会食を「事前に許可していた」と不問に付すことに決め、予定通り関西メディアは13日朝解禁で、指揮官の続投を一斉報道したのだった。

 膿を出し切らないまま頭だけ下げ、その場をしのごうとする組織に自浄作用など期待できない。現体制の腐敗に疑問を抱く情報提供者の協力を得て、15日に本紙はさらにコロナ関連の新事実をすっぱ抜いた。

 9月25日にコロナ陽性が判明した7人のうち、集団感染の温床と疑われる同19日夜の名古屋市内での行動履歴を唯一、球団に公表されなかったスタッフは、実は指揮官と会食していた。同夜に感染者と会食で同席していた者には検査陰性でも隔離措置がとられたが、矢野監督だけは同席の事実も伏せられたまま、25日以降もチームの指揮を執り続けたのだった。

 12球団一丸でコロナ対策を徹底して興行の維持を目指すなか、阪神は危機意識が甘いまま“エラー”を繰り返した。その原因を問う本紙に、角会長は「選手に問題はあると思うが、どちらかといえば球団の管理責任だと思います」と見解を述べていたが、危機管理の現場責任者である谷本修球団副社長兼本部長(56)が「ケジメ」をつける気配は一向にない。

 多くの虎戦士は球団の処分とともに社会的な制裁も受けた。そのうちの何人かはすでに、球団から来季構想外の通告を受けている。こうした意思決定はいずれも、谷本本部長が主導するものだ。

 矢野監督は続投こそ保証されたが、一連の不祥事からベンチでの采配以前に、選手への指導力を問うファンの厳しい視線が注がれている。しかし、親会社から出向の背広組でありながら、今やドラフトや補強など編成権まで掌握する谷本本部長は、15年連続V逸や宿敵巨人に9年連続負け越しといった結果責任の矢面に立つこともない。むしろ親会社首脳の覚えはめでたく、「いずれは球団社長に昇格する流れ」(親会社筋)だという。

 ペナントレースは予期せぬ危機との絶え間ない戦いだ。いくら監督が替わろうが、「バースの再来」を期待させる助っ人砲を補強しようが、ドラフトで逸材を指名しようが、まともにリスク対応もできない体質のまま勝てるほど甘い世界ではない。組織内に巣食う“病根”を絶たずして、東の巨人の向こうを張る西の伝統球団として、強くて尊敬される地位に立つことなど、夢のまた夢だ。

 経営統合から14年。今年3月期売上高(帝国データバンク調べ)は阪急電鉄が1873億円、阪神電鉄が847億円と力関係は歴然だ。それでも角会長は「タイガースはあくまで“阪神”タイガースですからね」と伝統を尊重。ただし、今後の球団経営については「今は阪急も阪神も一緒に新卒採用している。いずれHDからオーナーを出すのは将来あるかもしれない」との考えを示し、「5年や10年の間にそれはない」と言い添えた。

 キーマンとして名前を挙げたのは、3年前にHD社長職を引き継いだ阪急電鉄の杉山健博社長(61)だ。「僕の時代は坂井さん(前球団オーナー)に全権任せてやってきた。オーナーは阪神側が出していいと思うけど、杉山社長がわりと野球が好きだからね。(球団に)ノータッチできたけど、意見があれば積極的に言えばいいと杉山社長には言っています」。

 迷走を続けるトラは今年もまた、グラウンド外でも足を引っ張られて力尽きたが、ファンは怒りの矛先を間違えてはならない。(おわり)

写真一覧

  • V逸の責任を監督にばかり押しつけているうちは「打倒巨人」など夢のまた夢だ=5日、甲子園球場

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×